他にはどんな景品がある?

景品と聞いて思い浮かぶのは何?

1つ目は商店街やスーパーのくじ引きでした。
買い物の金額に応じてくじ引き券がもらえて、決まった枚数が集まればくじを引くことが出来ます。
景品はポケットティッシュに始まり、温泉旅行や電化製品まで様々ではずれがないのが嬉しいですね。
2つ目は、もらって嬉しいのは商品券やクオカード、だそうです。
確かにこれは好き嫌いなく、実用性がありますよね。
3つ目は、私の地元では地区対抗運動会というものがあり、大人も子供も参加できます。
その時の競技の景品でテレビがあり、甥っ子の友達がもらって帰ったそうです。
4つ目は、交通安全の行事に参加した時に参加景品でエコバックをもらったそうです。
こちらは参加景品なので参加したみんながもらえるので嬉しいですね。
あとは、友人の地元はタオルが有名な所で、そちらのタオルやハンカチが景品として多く使われているようです。

景品についてどう思う?

私が景品で思うことはやはり、もらって嬉しい物だったりワクワクする物というイメージがあります。
最近ではお祭りのくじ引きの景品を取り扱ったサイトを色々見かけますが、あれが本当なら残念だな。という気持ちになりますが、けれど、やっぱり欲しい物が当たるかもしれない!というドキドキ感があって楽しめるというのも事実です。
色々なイベントでの景品は決められた予算の中で商品を決めなければいけないし、商品もその時その時で流行もあります。
イベントで景品を決める担当になった方は大変だとは思いますが、自分がもらって嬉しい物を基準に景品を用意してみるといいかもしれません。
欲しい物が当たると、とても嬉しいですよね。
最後に余談ですが、ある友人は友達だけのパーティーでのゲームの景品をウケ狙いで18禁グッズにしたことがあるそうです。
冗談が通じる仲間内だけでの景品としてはいいかもしれないと秘かに思ってしまいました。


この記事をシェアする
TOPへ戻る